newyear2

対応するお支払い方法
Visa(Debit/Credit)、MasterCard、PayPal、Boleto Bancário、 Itaú、 Bradesco、Banco do Brasil(ブラジルのみ対応できる)

1、クレジットカード
今のところ、弊店では主に国際ブランドのクレジットカード(Visa、MasterCardを含め)でのお支払いは対応しております。クレジットカード決済の時、あなたのカード情報は絶対安全環境にあることをchicwishが保証します。(ご注意:当サイトとの全ての取引はドルで決済していますので、もしお国の通貨はドルでない場合、お支払いの時、銀行が両替手数料を差し引くかもしれません。)

  Boleto Bancário, Itaú, Bradesco, Banco do Brasilの使用方法(ブラジルのみ)


2、VBVとMCSC
VBVとMCSCはクレジットカード認証サービスで、インターンネット取引をより安全にすることを目的としたオンラインサービスです。
カード決済時、一旦Visa あるいは MasterCardを有効化にしたら、カードとパスワードの安全が保護されていますので、安心してご利用できます。

1、カードを有効化にする。インタネットでVisa、MasterCardのクレジットカードを申し込む手続きを行ってください。
2、Chicwishオンライン決済(VBVとMCSCがストアにインストールされた)
o    1.先ずはクレジットカード情報を入力してください。
O  2.Visa、MasterCardはあなたがChicwishサイトにカードを運用することを承認し、具体的な情報やパスワードを提示するインターフェースが出てきます。その時、きちんと基本情報をご確認ください。(記:この情報はカード所有者とカード発行銀行の間で共有します。Chicwishサイトや他の商社には個人情報とパスワードなどが漏れていません)
o    3. VBV / MCSCコードは使用できない場合。
3-A. VBV / MCSCのインターフェースにパスワードを入力する必要とします。身分と入力されたパスワードが承認されたら、正常通りにお支払いできるようになります。
      3-B.「新規登録」ボタンをクリックして、VBV / MCSCが銀行カードに対する確認を行います。あるいは銀行のサービスセンターにお問い合わせ電話をしてください。

ご注意:ChicwishはVBV / MCSCの承認サービスを開設していないクレジットカードでの決済は対応しません。もしお持ちのクレジットカードはこのサービスを解説していない場合、PayPalでお支払ってください。

3.オンライン決済が完了したら、オーダーも完成となります。Chicwishは発注完了情報も送信しますので、ご確認ください。

(カード所有者が安全にオンライン決済を行えるために、当サイトはこの通りに支払い手続きを行っております。実店舗でクレジットカード決済を行う時、商社は顧客がサインを
してからクレジットカードの情報、いわゆる顧客の財産状況を確認することで、カードのが使用出来るかどうか判断することになっています。しかし、E-ビジネスの発展に従いまして、商社がサインのあるレシートをもらうことが難しくなり、このような判断法も簡単にできなくなってきました。
 サイトでのカード決済なら、VBV / MCSCがオンライン承認できますので、カード所有者が銀行に個人コードを申し込まなければなりません。申し込んだコードは銀行カードと同じように使えます。このようにして、カード所有者が合法的にお買い物していることが判断できます。
 個人コードがない場合ではサイトでの支払いもできませんので、カード所有者の情報安全が確保できます。また、商社が識別できるサービスは既に一般秩序になり、第三者の検証もあんまり必要としません。)

Chicwishオンライン安全方針
Chicwishはオンライン安全を極めて重視しております。サイトに機密情報を提供する時、オンライン状態でもオフライン状態でも、ご提供の情報が安全保護されています。
 会員登録オーダーする時、クレジットカードなどの機密情報の入力請求があります。パースワードなどの情報を保護するために、弊店は業界トップのSSLソフトウェアを使っております。それだけでなく、ChicwishはSSLソフトウェアの最先進の128-256-bitの
鍵長を持つ共通鍵を利用した暗号化通信を利用しております。SSLをもっとお知り頂きたい方はwww.geotrust.com.をチェックください。顧客情報を訪問することが禁じされています。それと当サイトは顧客の財務状況を保存しません。
 全社員は個人情報の安全、機密情報を守ることと決まっています。新しい安全方針が更新する段階で、社員に伝わり、重要性を宣伝することになっています。お客様の情報を守るために、社員にすべきこと、してはダメな事をはっきり定めています。